PROFILE

STREET ACADEMY

〝痛いほど刺さるメッセージ〟で話題の男女二人組ユニットSTREET ACADEMY。略して #すとあか
聴き手に限りなく近い心情や目線で作られたメッセージ性の高い楽曲に、
まるで一つの舞台を見せられているかのように作り込まれたパフォーマンス。
〝エモい歌詞〟が話題を呼び、東京や、神奈川を拠点とする一方で、
地方でのライブスケジュールの比率が多くなるほど、その活動は全国的に広がりを見せている。

無所属での活動の中、自身をクリエイティブアーティストと名乗るように、
楽曲、映像、グッズデザイン、舞台構成、宣伝活動など、全てを自分たちでこなしている。

2019年3月に、全国流通盤1st Album「Pocket Words」をリリース。
リード曲「君と僕を繋ぐ糸」は、KKB鹿児島放送の音楽番組 #Kingspe のエンディングテーマにも起用された。

2020年5月には、グループ最大規模である600人のホールワンマンライブを開催予定だったが、コロナウィルスの感染拡大を受けて中止となった。
コロナ渦で、ライブ活動が出来なくなった期間、新たにYoutubeでのエンタメ発信も始動。
その世界観故に、文化系かと思いきや、根っからの体育会系っぷりをSNSで発信。
Youtubeでは、自らの身体を用いての検証動画や、身体に良い食事のレシピ、トレーニング日記など、スポーティーな一面も発信し始めた。

美鳥

  
端正なルックスと、親しみやすいキャラクター。 顔の小ささに比例して、脳みそも小さい?? 
老若男女、幅広い層からも支持される〝すとあかのエースストライカー〟
水泳で全国大会に出場した経歴や、元ディズニーランドのキャスト、 陸上大会で5種目優勝という、
謎にハイスペックな経歴を持つ。 
現在では、ディズニーカバー集団「ポップヴィランズ」の一員として、Youtube活動にも精を出している。

優介

 
聴き手の感情を揺さぶるようなメッセージ性の強い楽曲と、 等身大の語り。
 作詞作曲、グッズデザイン、動画編集など、活動の中心を担う〝すとあかの心臓〟
 一見ハイスペックな彼だが、トレードマークになっているサングラスは、
「ステージに経つのが恥ずかしいから」と 意外とシャイな一面もある。 
音楽と同じくらい肉体のトレーニングに力を入れており、
音楽アーティストとしては正反対な、体育会系メンタルの持ち主。